売春・立ちんぼ・心霊・怪しい・噂・アングラ

歌舞伎町観察ツアー

記事

【ネカフェ自粛】4/25時点・歌舞伎町の状況は? 最大手の快活CLUBが営業再開!

更新日:

この記事は、もう情報古いです

※※※※


 臨時休業中だった『快活CLUB新宿歌舞伎町店』が、昨日4月24日、営業を再開しました。それにより、歌舞伎町のネットカフェの自粛状況は、次のようになりした。

【営業休止】

①アプレシオ 新宿ハイジア店

②グランカスタマ 歌舞伎町店

③カスタマカフェ 歌舞伎町店

④グランサイバーカフェバグース新宿店

⑤Booth Net Cafe & Capsule

⑦まんが喫茶ゲラゲラ新宿コマ劇場前店

【営業中】

⑥快活CLUB 新宿歌舞伎町店(4/24より営業再開)

⑧マンボー歌舞伎町店

⑨マンボー新宿靖国通り

⑩ネットルームマンボー歌舞伎町店

⑪メディアカフェポパイ新宿店

⑫CYBER@CAFE 新宿歌舞伎町店


 それにしても、快活CLUBの営業再開には、ビックリです。

 快活CLUBは、国内のネットカフェシェアのトップを誇る、リーディングカンパニーです。店舗数は400以上。経営母体は、紳士服のAOKIの『青木ホールディングス』(東証1部企業)です。そのへんのネットカフェとは一線を画します。

 にもかかわらず、この緊急事態宣言まっただ中に営業を再開するなんて…。大胆な経営の舵切りをするなぁ、と驚きます。

 ただ、思い出してみれば、2週間前の4月11日、東京都から休業要請が出されたあの日、大胆な一面はすでに見え隠れしていたようにも思います。突然、快活CLUBがこんなことを言い出したからです。

「快活CLUBはシェアリングスペース業態です」

“NO三密”が叫ばれる中、ネカフェに対する世間の印象があんまりよくないから、うちはネカフェを名乗るの止めにしようっていう話でしょう。もちろん、商売やってんだから、こういう奇策もまたありだろうとは思いますが…。

 シェアリングスペースって何なん!? 上場企業の系列会社が言葉遊びをやり始めるなんて! と、笑ってしまった方、全国に1千人くらいはいたんじゃないでしょうか。

 さて、上の写真は、昨日4月24日の『快活CLUB新宿歌舞伎町店』です。最大手の営業再開を、再び灯ったこのオレンジ色の看板を、他のネカフェはどんなふうに眺めたんでしょうか?

 歌舞伎町のネカフェ自粛、もしかしたら、これから続々と再開の動きが起こっていくかもしれません。

-記事

Copyright© 歌舞伎町観察ツアー , 2020 All Rights Reserved.