ライター仙頭の繁華街ウォッチング

歌舞伎町観察ツアー

記事

「SOD LAND」が歌舞伎町にオープンへ。ソフト・オン・デマンドの大型ナイトスポット

投稿日:2020年9月19日 更新日:

 AVメーカー『ソフト・オン・デマンド』が、10月10日、歌舞伎町に『SOD LAND』なる飲食店を新規オープンします。

 何でも、店の場所は、『海老通り』の一本裏手(以下『海老通り裏』)の、以前は『一軒め酒場』だったビルです。店内には、フロアが5つあり(地上4階地下1階)、各フロアにはそれぞれが違うコンセプトのバースペースや物販コーナーが設けられるんだとか。

 プレスリリースを読んだ感じ、具体的なフロアの内容は、以下の通りです。

<地下1階>
SODが秋葉原で営業しているガールズバーに似たフロア。以下は、その秋葉原の店のHP。

<1階>
会計&物販フロア。

<2階>
風俗嬢とおしゃべりしながら酒を飲めるフロア(だろうと思われる)。

<3階>
SODが中野で営業しているガールズバーに似たフロア。以下は、中野の店のHP。

<4階>
マジックミラー越しに水着美女を眺めながら酒を飲めるフロア。ちなみに、おしゃべりは一切禁止。

 SODらしいセクシーな趣向が凝らされており、ネットでは「すげー楽しみ!」と期待されています。歌舞伎町は、いまなおコロナのホットスポットとして見られがちですが、夜の街に対する世間の気分自体が、いくぶん上向いてきているのかもしれません。

 そこで僕は漠然と、コロナ前のことを思い出します。

 コロナ前の1月2月の時期、海老通り裏では、一軒め酒場が、『サイバラ酒場』というイベントを行っていました。企画したのは、出版社の小学館で、コンセプトは漫画家の西原理恵子高須クリニックの高須先生。看板に2人の大きなイラストが描かれ、間違いなく海老通り裏を賑やかにしていました。

2020年1月20日
通行人の目を引きまくっていました

 が、ちょうどそのサイバラ酒場が終了する頃、コロナが深刻化します。海老通り裏は、日増しに閑散としていきました。店のシャッターが次から次へと下りていく。そのうちに残念ながら、一軒め酒場も閉店しました。

 春以降の海老通り裏の、地獄のようなガラガラ状況については、以前このブログにも書いた通りです。

 しかし最近、海老通り裏を歩くと、そこまでガラガラではなくなってきているようにも思います。今回のSODの動きは、通りに客足が戻る一つの大きなきっかけになるのでは、きっとそうなるはず、と僕は期待します。

『SOD LAND』、楽しみっすね。

内装工事中
楽しみ!


<関連記事>

【コロナ不況】歌舞伎町随一の「…ヤバい」感、海老通り裏の風景

-記事

Copyright© 歌舞伎町観察ツアー , 2020 All Rights Reserved.