ライター仙頭の繁華街ウォッチング

歌舞伎町観察ツアー

記事

新宿の靖国通り、ネカフェが続々閉店。残るはたった2店舗のみ

投稿日:2021年2月7日 更新日:

※本記事は、2021年2月6日、仙頭が「クラブハウス」でしゃべった内容を書き起こしたものです。ログを残すにあたり、修正を入れています。

 2月6日深夜2時20分。

「仙頭正教のミッドネイトチャンネル」です。

 本日のテーマは『新宿・靖国通り沿いのネットカフェが続々閉店』です。よろしくお願いします。

 で、まずは最新の"閉店ニュース"から。

 2月下旬、新宿の靖国通り沿いのネットカフェが、また一つ閉業することになりました。

 紀伊国屋のちょうど裏あたりにある『グランサイバーカフェ バグース新宿靖国通り店』です。

 2月22日の朝5時をもっての閉業とのことです。

 ホームページなどにまだアナウンスは出ていませんが、いやー残念ですね。

 そこで私が考えるのは、やはり理由です。

 どうしてでしょうかねぇ。

 やはりコロナ不況ということなんでしょうか。

 新宿にやってくる人が少ないこと。加えて、人々の気分に「ネカフェの店内の換気ってどうなの?」みたいな漠然とした不安があり、お客が減っているみたいなのもあるのかもしれません。閉店してしまうこのバグースは、店内の席の半分くらいは"天井空きタイプ"だったりもしますし。

 ただ、私はそんなことを思う一方で、コロナがらみとはまた別の理由も頭によぎります。

 それは、同じ靖国通り沿いにあるネットカフェ『快活CLUB 新宿歌舞伎町店』の存在です。

『快活CLUB』、紳士服の『AOKI』を経営母体とするネットカフェ業界の最大手です。言うならば、ネットカフェの"王"ですよ。

 だからですね、今回のバグースの閉店は、"王"に客を奪われたという側面もあるんじゃないか、と私は思うんです。

 そこで私の思考は、「業界の"王"が他のネットカフェの客を奪う」に向かいます。

 すると、あっ、と気づいたことがありました。

 ちょっと時間をさかのぼり、しゃべらせて下さい。

 快活CLUが、靖国通りにオープンしたのは、2019年の秋でした。

 その時点で、靖国通り沿いには、快活CLUBの他にネットカフェが5店舗ありました。

 つまり"王"は、その5店舗に挑むカタチで新宿にやってきたわけです。

 そうこうするうちに2020年を迎え、日本がコロナ禍に突入します。すると、靖国通り沿いのネットカフェは、続々、潰れていきました。

 20年春、『ポパイ』閉店(席は"天井空きタイプ")

 20年夏、『マンボー』閉店(席は"天井空きタイプ)

 20年秋、『カラNET』閉店(席は"天井空きタイプ)

 ってな感じで、どんどん潰れていきました。

 そして今回、21年2月『バグース』も閉店に。

 気づけば、靖国通りには、快活CLUBともう1店舗しか残っていないという状況です。

 つまり"王"からしたら、あと1歩で新宿の靖国通りを制覇ですよ。つまり、王手となったわけです。

 この状況、みなさんどう思います?

 そこはやはり、そのもう1店舗に踏ん張ってもらいたい、そう思いませんか?

 ただね、そのもう1店舗、私の勝手な印象なんですが、本当に勝手な印象なんですが、何となく影が薄いお店なんですよ。

 どこかというと、花園神社のそば、びっくりドンキーのビルに入る『まんがねっとラウム』ってところなんですけどね。

 どうですかみなさん、ラウム、行っことありますか? 行ったことがある人って、そんなに多くないじゃないかな、と私は勝手に思います。

 だから、今回のクラブハウスなんです。

 ラウムを応援すべく、ラウムの認知を高めたい、みたいな。

 だって、このまま快活CLUBに完全制覇されるのって、何だかツマンないじゃないですか。

 よし、熱く語らせて下さい。

 丁寧に話を進めましょう。

 みなさん、新宿のメイン通りと言えば、どこを思い浮かべますか?

 西口の前の通り、あれはまぁロータリーですよ。

 南口の甲州街道、繁華街っぽさがないため、華がない。

 東南口はそもそも大きな通りがありませんね。

 東口のアルタ前の新宿通りは、そこそこ映える道ではあるけど、広さがイマイチです。

 となると、ほらね、やはり新宿のメイン通りは、靖国通りということになるんです。

 …もしもラウムがなくなってしまったら。

 その新宿のメイン通りに、ネットカフェがたった1店舗ってことになるわけです。どうすか? 寂し過ぎるでしょ、そんなの。

 だから、みなさん、応援しましょう。

 コロナに負けないように、業界の"王"に潰されてしまいわないように。

『まんがねっとラウム』へ行きましょう。

 というわけで、本日もありがとうございました。



<宣伝・仙頭書籍>

繁華街ウォッチャー仙頭の「歌舞伎町百景」コロナ突入編
繁華街ウォッチャー仙頭の「歌舞伎町百景」コロナ第二波襲来

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 03-1-644x508.jpg

 2020年、新型コロナウイルスの『感染の温床』とされた新宿・歌舞伎町。当時、そこでは何が起こり、どんな風景があったのか?
 繁華街の路上観察をライフワークにする雑誌編集者の著者が、コロナ禍の歌舞伎町に足繁く通い、撮影したストリート写真を掲載。時系列に並べ、混沌を極めていく繁華街の様子を徹底解説。
 街の喧騒が聞こえてきそうな写真多数、歴史資料的価値あり!

<紹介例>
・非常事態宣言初日の“売春スポット”
・人がいなくなった繁華街で薬物を売る“黒人客引き”
・“のぞき部屋”も“ハプニングバー“も臨時休業へ
・警棒を片手に外出自粛を呼びかける警察官
・ナイナイ岡村“風俗発言”と出会いカフェ嬢
・立ちんぼの腰掛け撤去
・ネズミ男と時短要請延長
・配信者にオモチャにされる名物オヤジ
・ネカフェ援デリ大はやり
・伝説のキャバ嬢の店オープン

-記事

Copyright© 歌舞伎町観察ツアー , 2021 All Rights Reserved.