売春・立ちんぼ・心霊・怪しい・噂・アングラ

歌舞伎町観察ツアー

記事

【8/18ツアー参加者】反動カルチャーさん、インドとナンパさん、吉原ジョギング君、キャバ先生、わからないさん、一昨日バーベキュー君

投稿日:

8月18日(土)、『歌舞伎町観察ツアー』を行いました。夏の夜風が心地よく、そして路上売春婦たちのガッツリ肌を出した恰好が目を引く、とってもインサマーな歓楽街散策でした。参加者のみなさん、ありがとうございます。
談話を紹介させてもらいます。

●反動カルチャーさん(30代女性)
本当は今日、主人と一緒に来たかったんですが、チケットが1枚しか取れなかったので、一人でやって来ました。仕事は金融機関で事務をやっています。カタイ仕事なんで、その反動からか、悪趣味なカルチャーが好きになっちゃって、ヘンなトークライブへよく行ったりしてます。主人との馴れ初めも、そういうヘンなイベント会場での出会いだったりするんですが。はいっ? 主人がどんな人かですか? えーと、主人は現在アラフォーで、大学時代にカルチャーに触れて、やもすればオウムに入信してたんじゃないかなぁーと思われる人間です。

●インドとナンパさん(30代男性)
毎年インドへ行って、現地の特殊な大道芸人を撮影するということをライフワークにしています。その人たち、自分で自分の身体をムチで叩いたりナイフで切り付けたりして、客に自傷行為を見せつけて金を無心するということをやっているんです。何だそりゃと思われるかもしれませんが、インドってそういう大道芸人がいるんですよ。自分は彼らのそんな生き方に惹かれるんです。働き方という概念を考えさせられるというか。で、それとはぜんぜん別なんですが、最近、他にもハマっていることがありまして…。それはナンパです。路上ナンパもやるし、出会い系でも活動しています。ちなみに『ペアーズ』ではこの2年で、50人くらいと会ったんですが、ヤレたのは2人です。

●吉原ジョギング君(30代男性)
去年、東北から転勤で上京してきて、こっちに住み始めたんですが、仕事が忙しく、なかなか夜遊びはできていませんね。やったことと言えば、ヘルスへ行ったのと、ソープへ行ったのと、裏DVD屋へ行ったのと…。そうそう、自分、ダイエット目的でジョギングをやってるんですが、夜、吉原のソープ街をダーっと走りに行ったりもしましたよ。吉原ジョギング、けっこう楽しかったですよ。あと、キャバクラへも1回行ったんですが、そのときは最悪でしたね。付いた女のコがまったくしゃべらない女性でしたから。しゃべらないキャバ嬢って、どう対処したらいいんですかね?

●キャバ先生(30代男性)
ぼくは、歌舞伎町のキャバクラの女のコとラブホへ行くということが趣味なんで、キャバクラへはそこそこ行きますよ。しゃべらないキャバ嬢の対処の仕方というと、そうですね、ぼくの場合、まずボーイの“序列”をチェックします。下から順に、飲み物を運ぶだけの『ウェイター』、飲み物も運ぶけど店内の様子も見ている『マネージャー』、女のコを客の席へ向かわせたり呼び戻したりする『つけ回し』、その上が『キャッシャー』というスタッフ、そして『店長』になります。で、序列を確認したら、つけ回しのボーイが自分の席に近づいてきたときにトイレへ立つ。他の地域のことはわかりませんが、歌舞伎町のキャバクラでは、必ずボーイがトイレへ案内してくれますから、そのときに伝えるんです、ごめん、女のコ変えてって。(一同「なるほどー、勉強になります!」)。

●わからないさん(40代男性)
わたしは普通の商売をしている人間です。学生のときに新宿が通過駅だったんで、当時、歌舞伎町にはちょこちょこやって来たんですが、今は来ませんね。で、さっきから、ずーっと考えてることがありまして。自分がセントウさんのことをどこで知ったのかが、まったく思い出せないんですよ。どこで知ったんでしょうか、んー、どこだったっけ? わからないなぁ…

●一昨日バーベキュー君(20代男性)
ぼくは普通の会社員なんですが海外の風俗が好きで、その情報を集めていたらどういうわけか、セントウさんのツィッターにたどり着きました。そして『裏モノJAPAN』を作られてることや、スカパーの『ダラケ!』に出られたりしてることを知り、このツアーに興味を持ちました。歌舞伎町には、高校が新宿だったんで、学生時代はよくやって来て、裏DVD屋へ行ったりしてましたね。えっ? こんなに日焼けしてる理由ですか? すぐに赤くなっちゃうんですよね。一昨日バーベキューへ行ってきたんで、ははっ。

-記事

Copyright© 歌舞伎町観察ツアー , 2018 All Rights Reserved.