ライター仙頭の繁華街ウォッチング

歌舞伎町観察ツアー

記事

ハイジア嬢の病気に対する意識の低さ。虫歯がキッカケで◯◯に

投稿日:2021年2月16日 更新日:

※本記事は、2021年2月9日夜、仙頭が「クラブハウス」でしゃべった内容を書き起こしたものです。内容は、大幅に削って修正しております。

 2月10日0時35分、「仙頭正教のミッドナイトチャンネル」です。

 よろしくお願いします。

 今日はですね、ワタクシ、歌舞伎町の売春スポット、通称「ハイジア」エリアにある、大久保公園の、町内掲示板の一枚の張り紙が気になりまして。

 それは、

「戦うべき相手は、人ではなくウイルスです、STOP! コロナ差別」

 というシロモノだったんですが。

 この張り紙を見て、ここが売春スポットだけに、私の思考は、次のように進んでいきました。

「コロナ」

 ↓

「病気」

 ↓

「病気に対するハイジアの子たちの意識」

 なもんで本日ワタクシ、"病気に対するハイジアの子の意識"について改めて考えてみたんです。

 するとやはりですね、意識が低い子がけっこういるように思うんです。

 で、それら意識が低い子の傾向としてはですね、生活が極端にカツカツな人間が多い気がします。

 例えば、家がなくてネットカフェに住んでいるとか、カラダを売って一応生活費は得ているんだけど、その収入の使い方に計画性が全くない(いつも全てホスト代に使っちゃてマン喫代が残らない)とか。

 ま、自堕落と言いましょうか、だから、病気に対する意識も低い、みたいな。

 で、そこで思い出したんですが、そういう子たちの中には、保険証を持っていない人間が珍しくないんですね。

 で、考えているうち、これ、

<病気への意識が低いのに、保険証を持っていない>

 これはですね、本当にまずいことだと思いました。

 具体的に、どんなトラブルが起こるのか?

 例えばですね。

――自堕落なので歯磨きがおそろかとなり、虫歯に。

 しかし保険証を持っていないから歯医者にいけない。

 いよいよ痛くなってくる。

 致し方なく、保険証無しの"自費"で歯医者へ行こうと決意。

 しかし、生活がカツカツなんで"自費"のお金がない。

 周囲に「お金がない」と喧伝。

 と、そこはハイジアだけあり、ヘンなおっさんが「2万円貸してやるわ」なんて言ってくる。

 その2万円を借りて、ひとまず歯医者へ。何とか歯を治療。

 そうこうしているうち、2万円の返済日に。

 けれど、生活カツカツ&自堕落によって返済が遅れる。

 ヘンなおっさんは激怒。

 すると、これまたハイジアだけあり、借金トラブルに別の人間が首を突っ込んできて、「誰それさんが怒っている。ハイジアのみんなにも迷惑がかかっている。10万の詫び料を」なんつって、ひっかき回し始める。

 結局、本来ならしゃしゃっと歯医者へ行けば済むはずなのに、治療代と謎の迷惑料で、とんでもない金額がかかっちゃう――。

 みたいなことが起こるわけですよ。いやー大変です。

 そんなわけで、本日ワタクシはですね、「STOP コロナ差別の張り紙もいいけど、ハイジアには、歯を磨こう! の張り紙もはったらいいのにな」と思った次第です。

 ありがとうございました。


<宣伝・仙頭書籍>

繁華街ウォッチャー仙頭の「歌舞伎町百景」コロナ突入編
繁華街ウォッチャー仙頭の「歌舞伎町百景」コロナ第二波襲来

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 03-1-644x508.jpg

 2020年、新型コロナウイルスの『感染の温床』とされた新宿・歌舞伎町。当時、そこでは何が起こり、どんな風景があったのか?
 繁華街の路上観察をライフワークにする雑誌編集者の著者が、コロナ禍の歌舞伎町に足繁く通い、撮影したストリート写真を掲載。時系列に並べ、混沌を極めていく繁華街の様子を徹底解説。
 街の喧騒が聞こえてきそうな写真多数、歴史資料的価値あり!

<紹介例>
・非常事態宣言初日の“売春スポット”
・人がいなくなった繁華街で薬物を売る“黒人客引き”
・“のぞき部屋”も“ハプニングバー“も臨時休業へ
・警棒を片手に外出自粛を呼びかける警察官
・ナイナイ岡村“風俗発言”と出会いカフェ嬢
・立ちんぼの腰掛け撤去
・ネズミ男と時短要請延長
・配信者にオモチャにされる名物オヤジ
・ネカフェ援デリ大はやり
・伝説のキャバ嬢の店オープン

-記事

Copyright© 歌舞伎町観察ツアー , 2021 All Rights Reserved.