売春・立ちんぼ・心霊・怪しい・噂・アングラ

歌舞伎町観察ツアー

記事

【9/21ツアー参加者】サービスエリアさん、ゴーゴーバージャーナリスト、ヤラカシさん、みやこまち君、全裸SUPERマン、ウォッチャー職員

投稿日:

9月21日(金)、『歌舞伎町観察ツアー』を行いました。3連休の入口にあたる金曜の夜のネオン街を、参加者6名(全員35才以上の男性)+私(39才)というオッサン集団で、キョロキョロしながら歩き回りました。ハタから見れば、会社の飲み会のオッサングループが「二軒目はフィリピンパブでカラオケでもしますかー」的に移動中、みたいな雰囲気だったんじゃないでしょうか。なんなら、マジでツアー後に西武新宿駅前の『GOLD』あたりへ行って、ホステスの太ももを撫でたりしながら、みんなでフランクシナトラの『My Way』とか合唱したかったなぁ。

さて、例のごとく、談話を紹介させてもらいます。

●サービスエリアさん(男性・40代後半)

山梨からやって来ました。山梨と言っても、東京寄りです。青梅のもうちょい先のあたりなんで、新宿までは近いもんですよ。『ロフトプラスワン』なんかでやってるトークライブとかが好きなんで、そういうの目的で歌舞伎町にもよく来ますよ。仕事は、高速道路のサービスエリアの厨房スタッフです。めん茹で機でソバを茹でたりしてます。基本、夜勤でやってます。

●ゴーゴーバージャーナリスト(男性・30代後半)

ライターをやっています。専門はゴーゴーバーです。タイのあのゴーゴーバーです。今年も何やかんやで3回は、タイに行ってますよ。というか、26才から去年までの11年間は、タイに住んでましたから。ゴーゴーバーは2,000回以上は行ってますから。『ゴーゴーバージャーナリスト』ということでやらしてもらっております、はい。

●ヤラカシさん(男性・40代後半)

医療系のシステムエンジニアをしているんですが、最近、仕事でちょっとヤラカシちゃいまして東京から仙台に移動になっちゃいました。飛ばされたわけですね…。なので今日は、有休と出張を組み合わせて時間を作り、仙台からやってきました。やって来てよかったです。今夜のツアー、本当に面白かったです。

●みやこまち君(男性・30代後半)

ぼくもシステムエンジニアをしています。分野は鉄道系です。出身は大分なんですが、東京に住んでいるからには、やっぱりディープな話を知っておきたいし、それが“たしなみ”だと思うんでこのツアーに参加しました。大分の話を一つすると、大分市には『都町(みやこまち)』っていうちょっとした歓楽街があって、大学のときに、地元の友達に連れられてその都町へ行ったんです。で、ピンサロみたいな店に入ったら、そこは本番までヤレるところで。その日ぼくは、そのピンサロで童貞を喪失しました

●全裸SUPERマン(男性・30代後半)

風俗嬢とすぐに仲良くなっちゃうんですよね、ぼく。何回か通っているうちに一緒にレタしゃぶを食べに行く仲になっちゃった、みたいなことが何回もあるんですよ。オススメの風俗店ですか? そうですね、池袋の『全裸SUPER』ってホテヘルはいいですよ。全裸SUPERは、『コスプレ痴漢電車』ってホテヘルと運営業者が一緒なんで、電話をかけとスタッフが「全裸ですか? コスプレですか?」と聞いてくるんですよ。全裸のほうを選ぶと、例えば冬場だと、女の子が素っ裸の上にコート、そしてアイマスクという格好でやって来るんで、部屋に招き入れた瞬間に即脱がしてプレイスタートって感じです。サイコーです!

●ウォッチャー職員(男性・40代後半)

大久保のもう少し北にある大学の職員をやっているんですが、毎日、あえて新宿駅東口から職場まで歩いています。目的は、路上観察ですね。西はJRの線路、東は明治通りの、この間のエリアを日によっていろいろルートを変えて歩くんです。これが楽しくて仕方ない。ドはまりしてます。

-記事

Copyright© 歌舞伎町観察ツアー , 2018 All Rights Reserved.