売春・立ちんぼ・心霊・怪しい・噂・アングラ

歌舞伎町観察ツアー

記事

【12/18ツアー参加者】東新宿ニートさん、小滝橋ナンパ師、マネージャー兼プロ格闘家、ピンサロブルース君、家無し漫画家、2丁目出身カブキ住人さん

投稿日:

12月18日(火)、歌舞伎町観察ツアーを行いました。今回は参加者に女性がおらず、男性オンリーだったからでしょうか、終了後のお疲れ様飲み会での下ネタがやたら下品だった印象です。みなさん、ステキな酒席をありがとうございました。
いつも通り、談話を紹介します。

●東新宿ニートさん(20代男性)
東新宿に住んでいます。以前はガチガチのサラリーマンだったんですが、ちょっと疲れたんで仕事は辞めました。今は職についておらず、何をしているかっていうと、東新宿でニートをやっています。歌舞伎町には近いんでよく来ますよ。ちなみにカノジョが元ヤミ金屋さんだったりします。あと、海外が好きなんで、バングラとかLAのスラム街とか、そういうところも行ったりしてて、近く、アフリカに行こうなーって思ってます

●小滝橋ナンパ師(30代男性)
あるとき何かで仙頭さんのことを知って、仙頭さんが出演されていた『ダラケ』(売春婦を知る男だらけの回)なんかも見て、こんな世界があるんだーっと興味を持って、今日はやってきました。歌舞伎町には普段からよくやって来てナンパをしたりしますね。『HUB』あたりで女の子をナンパして、小滝橋の『桔梗』(ききょう)っていう、ニーヨンでやってるラーメン居酒屋に連れ込むのが、僕のパターンです。そのパターンに上手くはまれば、高確率でヤレる感じです。ちなみにセックスは、ナマ派です

●マネージャー兼プロ格闘家(20代男性)
芸能事務所のマネージャーをやっています。去年、働き方改革によってプライベートの時間が取りやすくなったんで、学生時代からやっていた格闘技に再び打ち込み、そして最近プロになって、芸能事務所の仕事の傍ら、プロ格闘家もやってます。団体は●●です。マネージャー兼プロ格闘家です。

●ピンサロブルース君(20代男性)
ブルースを感じるピンサロが好きなんですよ。ただ抜きだけじゃなく、お店の雰囲気だとか、女の子の様子だとか、全体的な雰囲気に哀愁がただよっている、そんなピンサロが好きなんです。歌舞伎町で言うと、『ピンキー』ですね。あそこって、ザ、ピンサロって感じでしょ? そして店の向かいに神社みたいなのがありますよね? だから、ピンサロという俗まみれの遊びをした後、店から出てきたところで身が浄化される気分になるというか。これ、わかってもらえるかなぁ。

●家無し漫画家(20代男性)
あのー、今、家が無くて。知り合いのところに居候させてもらってます。職業はマンガ家です。今日、参加したのは、付き合いがある出版社の方と、歌舞伎町をテーマに漫画を作りたいなぁと話し合っていて、だから取材をかねてやってきた感じです。自分自身でも、町を歩き回って取材したりはしていますよ。この前は、ハイジアの外人外人たちんぼを買ってみたら、正体はオカマでした。チンコが付いていて、ゲンナリでした。とりあえず、口では抜いてもらいましたが

●2丁目出身カブキ住人さん(40代男性)
風鈴会館のすぐそばでバーをやっております。歌舞伎町住人と言われたらまぁそうなんですが、そもそもは新宿2丁目の出身っだったりします。今から20数年前でしょうか。ふと、アナルファックをしてみたいと思いまして、じゃあどこへ行けばいいか、ということで2丁目へ。そして、今はなきニューハーフ乱交サークル『ピーチクラブ』へ行き、その後、ハッテン場の『24会館』へも行ったりして、いろいろとアナルファック遊びはしました。ただもう今は、そっちのほうの遊びはあんま興味はなくなっちゃったんですけどね。

-記事

Copyright© 歌舞伎町観察ツアー , 2019 All Rights Reserved.