ライター仙頭の繁華街ウォッチング

歌舞伎町観察ツアー

記事

ハイジア売春、私服警察官による取り締まりと、逮捕までの流れ

投稿日:2021年2月22日 更新日:

※本記事は、2021年2月21日夜、仙頭が「クラブハウス」でしゃべった内容を書き起こしたものです。内容は、いろいろとカットして再構成しています。

 2月21日、『仙頭正教のミッドナイトチャンネル』です。よろしくお願いします。

 前回のトークでは、

<買春の男性が、歌舞伎町の路上売春婦であるハイジア嬢に対し、どう声をかければよいのか?>

 という問いに対し、一つの"解"を出しました

 ただ、その解はですね、"こういう心構えで臨むべき"という精神論だったため、ちょっとフワっとした話になっちゃったような気もします。

 なもんで今回は、"どう声をかければよいのか?"に対する、実践的な"解"を提案したいと思います。

 さしあたりワタクシ、じっくりと考えてみました、じっくりと。そこで頭によぎったことがあります。

――ハイジア嬢が売春の仕事をする際、何より心配するのは、やはり私服警察官に引っかかり、"逮捕"されてしまうことのはず。ってことは、こちらが警察じゃないということを伝えることこそ、有効で実践的なアプローチでは?――。

 どうでしょう、間違ってませんよね?

 なので、その方向で"解"を出すべく、路上売春婦の"逮捕"について、まずは頭の中で整理してみました。

 売春というのは、客のとり方によっては犯罪にはなりません。例えば、女性が知り合いの男性を誘い、お金をもらってコトに及ぶ、これはセーフです。が、公衆の面前で、不特定多数の人間に行為を持ちかけ、コトに及ぶ、これはアウトです。

 ハイジアでの売春は、もちろん後者にあたります。

 ニュースにはぜんぜんなったりしませんが、ハイジアでは年がら年中、路上売春婦が私服警察官に引っかかり、逮捕されるということが起こっています。

 そして私は、実際に逮捕されたことがあるハイジア嬢たちから、その流れを聞いたことがあります。

 まずはその伺った話を、みなさんと共有しますね。

 私服警察官によるハイジアのパトロールは、だいたい5人くらいのチームで行われるそうです。その構成は、男性が4人、女性1人とか。

 で、取り締まりは、男性の私服警察官(以下、オトリ警官)が、路上に立っている売春女性への近寄っていくところからスタートします。

「何してるのー?」

 なんつって、オトリ警官のほうから女性にしゃべりかけることもあるそうです。

 会話を"売春交渉"へと進ませたオトリ警官は、女性から次の2つのセリフを引き出そうとするそうです。

 一つは"金額"。

 もう一つは"本番をしているかどうか"。ざっくばらんに言うと「セックス」や「◯◯◯」という単語とかを。

 で、それらのセリフを引き出したところで、いざ、ラブホへと向かいます。

 ホテルへの道中、女性が「コンビニで飲み物買っていこうよ」なんて言った場合、オトリ警官はそれに応じるそうです。たぶん、警察の経費でコンビニの買い物代は落ちるんでしょう。

 そんなこんなでラブホへ。いよいよクライマックスです。

 オトリ警官が正体をバラすのは、ラブホの敷地に足を踏み入れ、建物に入る直前です。ポケットから取り出した警察手帳を女性の目の前に突きつけ、「わかるよね?」ってな感じて。

 これが逮捕までの流れです。

 一応、そこからの先についても共有させてください。

 警察手帳が出された後は、仲間の私服警察官たちが駆け寄ってきます。そのうちに、また別の警察官が車を回してきて、ラブホの前に横付け。女性は警察署へと連行されます。

 警察署に到着すると、すぐさま4時間5時間ほど、取り調べが行われます。

 で、取り調べが終わったところで、女性は留置所に入れられるわけですが、東京の中心部には、以下の3カ所の施設にしか女性用の留置所がないため、いずれかへ移動となります。

●原宿警察署。

●湾岸警察署。

●東京都北区『西が丘分室』という警視庁の施設。

 そして翌日以降は、留置所で勾留されながら、さらに取り調べを受けたり、霞が関の検察庁へ行ったり裁判所へ行ったり、といった日々となります。

 気になるのはもちろん量刑でしょう。

 私が聞いた情報が合っていれば、それはこんな感じのようです。

●初犯:不起訴、10日で釈放。

●2回目:不起訴。

●3回目:罰金2万円。

●4回目:罰金2万円。

●5回目:実刑3カ月(執行猶予付き)。

 これをキツイと取るか、軽いと取るかは人それぞれでしょうが、とりあえず誰もが捕まりたくはないはず、これは間違いないと思います。

 というわけで話を戻しますと、われわれ男性がハイジア嬢に声をかける際、自分が私服警察じゃないということを伝えるのは、有効で実践的なアプローチなはずです。

 では、どのように伝えればいいのか?

 知人のハイジア嬢からこんな意見を聞いたことがあります。

「缶チューハイを飲みながら声をかけてくれると、うれしいですね。警察は、お酒を飲みながら取り締まりをすることはないだろうし」

 なるほど、一理も二理もあるんじゃないでしょうか。

 っことで、今回のクラブハウスの結論は、

<缶ビールや缶チューハイを片手に酒を飲みながら声をかける>

 これにします。

 本日もありがとうございました。

<関連記事>

ハイジア嬢への声のかけ方、正しい接し方(心構え)

ハイジア嬢の避妊に対する意識の甘さを考えてみた

ハイジア嬢の病気に対する意識の低さ。虫歯がキッカケで◯◯に


<宣伝・仙頭書籍>

繁華街ウォッチャー仙頭の「歌舞伎町百景」コロナ突入編
繁華街ウォッチャー仙頭の「歌舞伎町百景」コロナ第二波襲来

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 03-1-644x508.jpg

 2020年、新型コロナウイルスの『感染の温床』とされた新宿・歌舞伎町。当時、そこでは何が起こり、どんな風景があったのか?
 繁華街の路上観察をライフワークにする雑誌編集者の著者が、コロナ禍の歌舞伎町に足繁く通い、撮影したストリート写真を掲載。時系列に並べ、混沌を極めていく繁華街の様子を徹底解説。
 街の喧騒が聞こえてきそうな写真多数、歴史資料的価値あり!

<紹介例>
・非常事態宣言初日の“売春スポット”
・人がいなくなった繁華街で薬物を売る“黒人客引き”
・“のぞき部屋”も“ハプニングバー“も臨時休業へ
・警棒を片手に外出自粛を呼びかける警察官
・ナイナイ岡村“風俗発言”と出会いカフェ嬢
・立ちんぼの腰掛け撤去
・ネズミ男と時短要請延長
・配信者にオモチャにされる名物オヤジ
・ネカフェ援デリ大はやり
・伝説のキャバ嬢の店オープン

-記事

Copyright© 歌舞伎町観察ツアー , 2021 All Rights Reserved.