ライター仙頭の繁華街ウォッチング

歌舞伎町観察ツアー

記事

ハイジア売春婦が恐れる私服警察官の逮捕手口。回避は不可能!?

投稿日:

※本記事は、2021年2月23日夜、仙頭が「クラブハウス」でしゃべった内容を書き起こしたものです。内容は、後半を全てカットしています。

 2月23日1時40分、「仙頭正教のミッドナイトチャンネル」です。

 前回は、歌舞伎町の路上売春スポット「ハイジア」における、売春婦の逮捕の話をさせてもらいました(前回の話)。

・女性たちが何より怖がっているのは、界隈を取り締まる"私服警察官"に引っかかり、売春防止法違反で逮捕されてしまうこと。

・私服警察官の動き、逮捕、留置される場所、売春防止法違反の量刑など。

・買春の男性は、売春婦の女性に声をかける際、缶チューハイや缶ビールを飲みながら声をかけたらいい。なぜなら警察は、酒を飲みながらパトロールはしないだろうから、女性側の逮捕への不安を解消させることができるんで。

 などをしゃべらせてもらいました。

 で、今回はですね、そんな前回の話の補足です。いや、補足というか、訂正と言いましょうか。

 実は私、前回ですね、例のごとく自分がしゃべった話を書き起こし、それをブログに載せたんです。

 すると私のネタ元のハイジア嬢から、電話がかかって来まして、そして言われました。

「お酒を飲みながらパトロールする私服警察官はいないだろう、仙頭さんはそう書いてたけど、それ違うよ。缶チューハイを持って、酔っ払いのフリしてハイジアの子に近寄ってくる私服、いるからね」

 えっ、そうなの!? みたいな。

「だからホント恐いんだって。実際、缶チューハイを持った私服に捕まった子もいたりするし。で、これは聞いた話なんだけど、その缶チューハイの缶の中には、水が入ってたんだって」

 マジかよ!? みたいな。

「あと、もしかしたら仙頭さんが、ハイジアをパトロールしてる警察官が全員新宿署の警察官だと思ってたらアレなんで、一応言うけどね。パトロールしてる警察官の中には、他の地域の警察官もいるよね。てかウチ、ハイジアで◯◯◯(新宿とは別の警察署)の私服に捕まったことあるし。そのときその警察官に、何で新宿に◯◯◯の人が来てるのって聞いたら、新宿は大きな街だからとか言ってた、たぶん、応援とかで来てるのかな? とにかくハイジアは、新宿署以外の警察官もパトロールしてたりするよ」

 驚きだったんですが、彼女はこんなことも教えてくれました。

「23区内には、女の留置所が"原宿署""湾岸署""西が丘分室(北区)"、この3か所にしかないんで、ハイジアで女の子が逮捕されたら、基本この3つのうちのどこかに留置されるんだけど。私が何度か捕まった中の1回は、『いま、原宿が混んでるから』っつって、23区外の、女の留置施設があるとこ、そのときは多摩のほうだったんだけど、そこに留置されたこともあったよ」

 いやー、ワタクシ、自分の知識がいろいろとアップデートされました。そして何より、"缶チューハイの話"なんかについては、少々勉強不足だったかもと思いました。

 なもんで本日はですね、何気に、路上売春の取締りの勉強をしてやろうと、警視庁のホームページに掲載されている『売春関連事犯の検挙状況』のデータに目を向けてみたんです。

 路上売春というのは、売春防止法の中の『勧誘等』というカテゴリーに該当する犯罪なわけですが、その検挙数をチェック。表にまとめてみました。

 新宿はやはり、数が多いですね。

 2016年は17人ですか。そう言えば、昨年2020年の年末、ハイジアで路上売春婦の逮捕者が続出し、一部で「こんなん4年ぶり!」なんて言われていたのを思い出しました。

 ただ、ネタ元のハイジア嬢が言う通りなら、新宿には他の警察の人間もパトロールに来てるということなので、実際に新宿で逮捕されている数は、この赤字の数よりもっと多いんでしょう。

 また、2019年、逮捕総数82人のうち80人が女ってところも気になりました。2人が男ということになりますが、これはおそらく、その年、歌舞伎町のアパホテルのシネシティ広場の付近でオカマの街娼が2人逮捕されたという事件があったため、その2人でしょう。

 うん、勉強になりました。

 というわけで、今回はこの表を、みなさんと共有(クラブハウスのアイコンにこの画像を入れて提示)させてもらったところで、オシマイとさせてもらいます。

 本日もありがとうございました。

<関連記事>

ハイジア売春、私服警察官による取り締まりと、逮捕までの流れ

ハイジア嬢への声のかけ方、正しい接し方(心構え)

ハイジア嬢の避妊に対する意識の甘さを考えてみた

ハイジア嬢の病気に対する意識の低さ。虫歯がキッカケで◯◯に


<宣伝・仙頭書籍>

繁華街ウォッチャー仙頭の「歌舞伎町百景」コロナ突入編
繁華街ウォッチャー仙頭の「歌舞伎町百景」コロナ第二波襲来

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 03-1-644x508.jpg

 2020年、新型コロナウイルスの『感染の温床』とされた新宿・歌舞伎町。当時、そこでは何が起こり、どんな風景があったのか?
 繁華街の路上観察をライフワークにする雑誌編集者の著者が、コロナ禍の歌舞伎町に足繁く通い、撮影したストリート写真を掲載。時系列に並べ、混沌を極めていく繁華街の様子を徹底解説。
 街の喧騒が聞こえてきそうな写真多数、歴史資料的価値あり!

<紹介例>
・非常事態宣言初日の“売春スポット”
・人がいなくなった繁華街で薬物を売る“黒人客引き”
・“のぞき部屋”も“ハプニングバー“も臨時休業へ
・警棒を片手に外出自粛を呼びかける警察官
・ナイナイ岡村“風俗発言”と出会いカフェ嬢
・立ちんぼの腰掛け撤去
・ネズミ男と時短要請延長
・配信者にオモチャにされる名物オヤジ
・ネカフェ援デリ大はやり
・伝説のキャバ嬢の店オープン

-記事

Copyright© 歌舞伎町観察ツアー , 2021 All Rights Reserved.